2010年7月 のアーカイブ

躾け

2010年7月31日 土曜日

トトは5才で我が家に来た時は全然吠えないいい子だった。
だから 日本にやって来て、散歩中に他のいろんな犬たちが
案外自由に吠えているのを目の当たりにしてびっくりしてた。(笑)
最初はブゥーブゥーってほっぺたをふくらまして
吠えたいのを必死にガマンしている感じだったのが、
黒い柴犬にものすごい勢いで吠えられた時に
思いっきり吠え返しちゃうことを覚えてしまいました。
本当は 息子がキチンと躾けたように
ターセンも叱らなくちゃいけないんだろうけど、
男は泣くもんじゃないみたいな理不尽さを
身に沁みて実行させられてきたターセンとしては、
犬なのに吠えてはならないというのはどーなの?と感じてしまった。
だから 相手が先制攻撃して来た時のみ、
吠えることには寛大でいようと思ってます。

吠えた後のトトはこれまたかわゆくて、
ごめんなさい いけないと知りつつ吠えちゃいました、
だってね 向こうが先に吠えてきたんだよ 怖かったんだよって
云ってるみたいに ぴったりくっついて来て愛嬌をふりまきます。
それにまたグッときて うんうん判ってるよ
っていうターセンの甘さに、最近ちょっと図に乗ってきているのが
気掛かりではあります、ハイ。

国際結婚

2010年7月27日 火曜日


フランス人と結婚してパリに住んでいるリサが
赤ちゃんを連れての初帰国。
それはカワイイbebeです。チュ!
パパのあやし方がさすがフランス人、
くちびるでぶ〜って音を出して,かなりつばが飛ぶ感じ、
でもそれがbebeにはすごく受けてました。
勉強家のリサはすっかりフランス語がぺらぺらになって
年の差17才の二人は本当に幸せそうでした。
ターセンはそんな度胸無かったけど、
世界一孤独なこの国民にこんな幸せがもっと増えますように!

拭き掃除

2010年7月24日 土曜日

おとうさん パソコンのキーボード汚いよーつて、云われた。
いつ拭いたのって云われて ビックリ。拭いた事なんて無い!

毎日使ってるのに、こんなに汚れているのに全然気づかなかった。
今までごめんね なんて言いながら拭いてたら、何だかしらないけど
よくわかんないけど涙が出て来た。

家事はやっと一人前に出来るようになったけど、
掃除はターセン苦手、あのにおいと音にやられる。
それに眼が悪いから塵も見えないんだよって言い訳してたけど
見たくないから見ないようにしてるってカーリンは例によって挑戦的。
ああ、こうしてターセンの生活は発見ばっかしだね。
それにしても、こうして打ってるキーボード、
すごーく 綺麗で夢みたい!!
メガネ拭き用のウエットティッシュ使いました。

元気玉

2010年7月21日 水曜日

北欧の買い付けのついでにパリに寄って、
帰国してから即 富士ロックへ行くゆかりちゃん。
イタリア出張で成田に家族が迎えに来てくれた事が超-うれしくて、
そのままディズニーランドに行ってしまう明くん。
ハワイをこよなく愛し、鎌倉の海の家の運営に関わりながらも
編集の仕事をこなすカオリン。
そお、生まれ持った元気玉の質や大きさが、
はなっから違うんだね、きっと。

また寝てるーって、カーリンに怒られながらも
こんな夏は昼寝で体力温存の最近のターセンです。
特大元気玉を持った友人たちのみやげ話を聞くだけで、
何か昔を想い出させてくれて、それは充分満足です。

真夏

2010年7月19日 月曜日

灼熱の東京が始まった、風のない夜はほんとーに 寝苦しいです。
今日19日からzakkaで辻和美展。
何も考えずにOPEN頃行ったら、長蛇の列、
自分のギャラリーでわかっているハズなのに・・・
経験がなかなか身につかないターセンです。
でも たまには来て下さる方達の気持ちになる事が大切、
45分楽しみに並んで待ちました。
クリアーな美しいフォルムの作品だけでなく、
今回ターセンの目をひいたのは
彼女のドローイングが一冊の作品集になっているもの。

絵を描けなければ作品は作れないという彼女の言葉を思い出す
素敵な作品集でした。
炎天下にもめげず三連休の原宿はスゴーイ人。
ぴゅ〜んと一目散に吉祥寺に帰って来たターセンでありました、ふっー。

コナコーヒー

2010年7月14日 水曜日

明日7月15日木曜日、
ディモンシュの堀内くんが初日の大好評に応えて、
13:00~16:00の予定でコーヒーをいれに来てくれます。
試飲サービスしますので、ぜひ飲みに来てください。

最高級まざりけのないハワイ コナコーヒー、
堀内氏初焙煎だそうです。
紅茶党のターセンとカーリンも感動した、えも言われぬ美味しさです。

トトの散歩

2010年7月13日 火曜日

とっとっとっと歩くので、トトと名付けたらしい。
トトの散歩の様子をiphoneで撮ってみました。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=THn8ENK6QTo[/youtube]
近くにある遊歩道がいつもの散歩道。
小さな滝があったり、マッカチン(ザリガニのこと)、
カエルやヤゴのいる池とか
子犬たちが集合する丘もあって、なかなかの自然です。
おっと!池のそばにカップルが・・・
今日はあっちは遠慮しておきましょうね。

マハロー!

2010年7月11日 日曜日

今年もfèveの夏、赤澤かおりのALOHA展です。
確実に去年よりバージョンアップだね。
いい味のアロハシャツが見事にスカートやバッグに生まれ変わっています。

そして鎌倉からの熱い応援団、
ディモンシュの堀内夫妻、馬姉さんのスパムにぎり、そして
ろみちゃんの特製ジャム。
L1000431

うーっ、楽しい!
今日は、先日の測定で身体年令46才と言われたターセンの一年振りの誕生日。

みんながお祝いをしてくれました、
シアワセなターセン。

筋肉と仲良くなる

2010年7月8日 木曜日

加圧トレーニング始めました。
もちろんピラティスも精進していますよ。
ピラティスでエクササイズというものを身体が理解してきて、
筋肉と対話出来るようになった気がしています。
川名先生の教え子のクラスが出来ました。)
そんな時 加圧のよさそうな所が近くにあるから行ってみない
とカーリンのお誘い。
彼女の提案は その勘と感で たいていグーなので、素直に従うことにしている。

腕や太ももの締め付け感には最初びっくりする。
でも 加圧で乳酸がいっぺんに増えて、
びっくりした脳が一挙に成長ホルモンを送り込むというスキーマ。
ただマッチョになりたいと云うんじゃ無い感じ。
日本の人が発明して、その効果を東大の研究機関が立証して研究中らしい。
何しろ朝だけむくんじゃうカーリンがスッキリし始めている。
ターセンも 驚くほど早く衰えて行く筋肉ともっと仲良くしなきゃっ。
二人でお互いほめ合いながら続けて行こうと思ってます。
これ 大事。

知る

2010年7月5日 月曜日


山本ゆりこの新刊です。
学者肌のゆりこちゃんとはウンチク仲間。
ターセンの知らない事をいっぱい知っていて、
その歴史から成り立ちまで深ーい造詣を語ってくれる。
だからターセンの豊富なウンチクも
カーリンのように決して聞き流す事無く、
「それ どうゆうこと?」と嬉しいツッコミをしてくれる訳。
編集者山口淳さんもずっと彼女の仕事を見ていてくれた一人で
今回の本の企画となりました。

WE ARE ALL ONE と言いながらも、
ワールドカップでひどい審判がいると怒りが収まらないし、
色んな矛盾を抱えながら毎日を生きている訳だけど
知ろうとする、わかろうとするって とっても大切な事なんだよね。
知っているようで知らない事がたくさんのフランスの事、満載です。
「わたしのフレンチ・スタンダード A to Z」 山本ゆりこ
            マガジンハウス ¥1,260