2013年3月 のアーカイブ

fresh

2013年3月30日 土曜日

若い学生達がターセンに会いたいと言ってくれる。
ターセンの話を聞きたいと言ってくれる。
く〜、嬉しいなぁ。
英字新聞部の復活を目指して2年間頑張ってくれた学生達が、
いよいよ社会人として人生をスタートさせる。

熱いお礼の手紙に感動。
ターセンが繰り返し云った事?
お金と女には執着するな。。。です(笑)。

街中いつも花見状態。
花粉で寝不足ですが、トトのためなら散歩もしますよっっぉ。

thank you !

2013年3月26日 火曜日

かご展 楽しかったぁ。
若い作家さんにもたくさん受注が入って、本当に有難うございました。

去年のカーリンは何となく不調続き、でもそんな時こそ
名言に出会うもの、
「山の頂上に立っている自分を想像してみて。。。
戻るも進むも下りでしょ。そう、人生にもそんな時があるの。
そんな時はね、足踏みするのよ。運気がまた上がるまで。」って、
心に沁みました。
そうしてまた楽しい事をどんどん思いつくカーリンになった。

6月はイイホシさんです。

花 見

2013年3月23日 土曜日

かご展 最終日。
有り難いことに 昨日少し追加がありました。

イタヤは スガワラさんとサトウさん、
作り手はもう2軒だけだそうです。
中道通りのミストさんにも 働くかごがたくさん並んでます。

そしてその先 紀ノ国屋裏の西公園、
コブシの老木が2年振りに満開!

大 集 合

2013年3月18日 月曜日

かご展、怒濤の土日が終了。


なんだかターセンまで かごを持ちたくなっている。

今回は 若手の作家さんから名人と云われる方のものまで、
なかなか手に入りにくい物も並びました。


ほんとに小澤さんとカゴアミドリさんのお陰です。
いつも こうしていいご縁に恵まれます。


ちょっとお待ちいただいて受注をお受けできるものもありますので、
ぜひ見に来て下さいね!

2013年3月12日 火曜日

スタッフの清水(栗八工房舎)が、
横須賀美術館でワークショップを開催します。

カーリンが絵本屋さんで働いてた頃からだから、
長〜い付き合いです。
ソーダ水の中を貨物船がとおる。。。(by ユーミン)
みたいな素敵な美術館できっと楽しいよ。
大人ぶってなくて、子供をこども扱いしない めずらしい大人だからね。

黙 祷

2013年3月11日 月曜日

昨日の煙霧には驚いた。
黄砂がやって来た!と思ったけど違ったね。
もし放射能や電磁波に色がついていたら、
どんなに恐ろしいことだろうと思った。
今日この日にターセンは改めて誓う。
利己に生きず愛と許しを選択していこう。
そして 他者を想い静かに祈ります。

バルコニーのクリスマスローズが満開です。

change

2013年3月9日 土曜日


ボサボサになったトト、二ヶ月振りのトリミング。
気温もぐんぐん上がってバルコニーは快適。
花粉症のターセンは行かないよ〜だ。
戻って来たトト。

そろそろ帰りたいんです、開けてくださ〜い。

ふむ、誰も気づいてくれてない。。。。

春の酵素シロップWSの情報、HPにアップしましたよ。

強化月間?

2013年3月5日 火曜日

横断歩道で歩行者のひとに「お先にどうぞ」って目配せされて、
発進した途端に交通違反ですよって。。。。
えっ〜!10年間ゴールド免許だったのにぃ。
これ、友人の話です。
昨日 その話をタクシーでしたら、私も先週それでやられましたって。
きっと、皆が忘れている(?)この規則を
取り締まろうって決めたんだね。
皆くれぐれも気をつけてね!

春はまだかなぁ。

記憶のモンプチ

2013年3月1日 金曜日

被災した友達に 何か必要なものはないかとたずねたら、
「動物の絵を描いて毎日送って」と。
700枚近くの絵が ギャルリーももくさで展示されます。

ああ、今回ほど どこでもドアがほしいと思ったことはありません。
誰かがこの瞬間自分のことを想ってくれている。
自分のために絵を描いてくれている。
人間はね 無力で大バカなところがあるけど、
やっぱりすごい愛のパワーも持ち合わせているんだよ。